×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

定期預金 金利 の比較や選び方

ネット銀行口コミ人気一覧

wa-aka.png ジャパンネット銀行・・・・toto bigが直接購入できる点や全国のセブンイレブンに設置されてあるセブン銀行ATMの手数料が無料で利用できることから人気を集めています!

 

 

wa-aka.png 住信SBIネット銀行・・・・他行宛の振込手数料は、楽天銀行を除き月3回まで無料同行宛なら何回でも無料という点で人気を集めているネット銀行です。

 

 

wa-aka.png 新生銀行・・・・ATM引出手数料実質0円。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート全てのコンビニATMで24時間365日いつでも実質手数料0円で引き出し可能で人気を集めています!

 

 

wa-aka.png  楽天銀行・・・・楽天スーパーポイントがたまるハッピープログラムが人気になっています。

 

 

wa-aka.png 関西アーバン銀行・・・・いちょう並木支店は、インターネットや電話でお取引ができる来店不要型のダイレクト専用支店です。

 

定期預金金利ランキング

100万円を1年預けても、わずかな利息しか期待できない時代にあって、どの金融商品も同じと諦めてしまうのも無理からぬことです。
また、わずかな金利差を得るために、忙しい時間を割いて新たな金融窓口まで出向くのが面倒だからと、これまでと同じ金融機関に継続して預ける気持ちにも納得できますね。

 

しかし、金利が低い時代だからこそお金の大切さを実感したい!そのためには、金融機関の定期預金金利に注目する必要があります。

 

金融機関では、ボーナス期間などをターゲットにしたキャンペーンをはじめ、いろいろと魅力的な特典を付けたサービスを展開しています。
そのような情報を知るために注目されているのが、ネット上で紹介されている「定期預金金利ランキング」です。

 

ひとくちに「定期預金」といっても、いろいろなタイプがあるほか、預入資格になんらかの条件が付いているものもあります。
そのため、せっかく定期預金金利ランキング上位商品をみつけても、預入できない場合も少なからずでてきます。

 

そんななか注目されているのが「ネットバンクの定期預金」で、これなら、金融機関窓口まで出向く必要もないため大変便利です。
もちろん、地方銀行やゆうちょ銀行など、地元の金融機関商品を見直して、お得な商品をみつけることも大切です。

定期預金の金利

 

金融機関にお金を預けるときは、金利がいくらになるかが気になりますが、数十年前の高金利時代を知っている人は、現在の低金利に嘆きたくなるかもしれません。
また、盗難被害に遭う「タンス預金」よりは安全だからと、金融機関に預けている人もいるかもしれませんね。

 

このように、預金の金利が期待できない時代にあっても、やはり、定期預金の金利は普通預金以上のメリットがあるといえます。

 

定期預金の金利が普通預金より高めに設定されていることは、みなさんもご存知のとおりですね。
また、預入金額や期間によっても金利が変わってきますが、これも、「一定期間は動かさない」という定期預金の特徴が反映されているからです。

 

定期預金のきっかけは、夏・冬のボーナスなど臨時収入がある場合はもちろん、日頃からコツコツ貯めてきた普通預金がまとまったときが考えられます。

 

定期預金にすることで無駄遣いを防げるなど、お金の計画的な使い方を心掛ける姿勢を身に着けることもできます。
また、総合口座に定期を組み込むことで、普通預金残高がマイナスになったときでも、公共料金などの引落がカバーできるなどのメリットもありますね。

 

このように、なにかと便利な定期預金ですが、定期預金は金利の高いところを選ぶことも大切です。

 

 

定期預金とは

 

金融機関にお金を預けるときは、金利がいくらになるかが気になりますが、数十年前の高金利時代を知っている人は、現在の低金利に嘆きたくなるかもしれません。
また、盗難被害に遭う「タンス預金」よりは安全だからと、金融機関に預けている人もいるかもしれませんね。

 

このように、預金の金利が期待できない時代にあっても、やはり、定期預金の金利は普通預金以上のメリットがあるといえます。

 

定期預金の金利が普通預金より高めに設定されていることは、みなさんもご存知のとおりですね。
また、預入金額や期間によっても金利が変わってきますが、これも、「一定期間は動かさない」という定期預金の特徴が反映されているからです。

 

定期預金のきっかけは、夏・冬のボーナスなど臨時収入がある場合はもちろん、日頃からコツコツ貯めてきた普通預金がまとまったときが考えられます。

 

定期預金にすることで無駄遣いを防げるなど、お金の計画的な使い方を心掛ける姿勢を身に着けることもできます。
また、総合口座に定期を組み込むことで、普通預金残高がマイナスになったときでも、公共料金などの引落がカバーできるなどのメリットもありますね。

 

このように、なにかと便利な定期預金ですが、定期預金は金利の高いところを選ぶことも大切です。

 

 

リンク集

ネット銀行人気ランキング・・・ネットバンク(ネット銀行)を手数料などで比較しています。定期預金比較もあります。

 

株取引初心者講座・・・株取引について書いてありますが、自分年金積立など資産運用にも詳しく参考になります。